• ホーム
  • 交感神経系とサイズも早漏に関係する

交感神経系とサイズも早漏に関係する

早漏に関係するものとして交感神経系と男性器のサイズも影響を与えます。
興奮しすぎてそれに耐えきれなくなるのが早漏です。
射精をコントロールすることができれば、問題を解決することができます。
早漏の改善策として、男性器への刺激をシャットダウンするのが従来の方法でした。
男性器の亀頭に麻痺させる成分を塗っていからセックスをする方法でしたが、現在は脳内をコントロールすることで早漏を改善する方法が用いられています。
それこそが交感神経系を抑制する方法です。
射精をするときは交感神経系が作用します。
一方、性的興奮を感じて勃起するのは副交感神経系が担います。
その自律神経のバランスが壊れることから早漏は起きますので、それのバランスを保つことが問題解決になります。
交感神経系を抑える物質を保つことができる医薬品がありますので、それを性行為の前に服用することで今までの射精スピードより約3倍ほど長持ちすることができます。
交感神経系を抑えることが早漏の問題解決に繋がります。
またサイズも影響を与えます。
男性器の亀頭のサイズがパンパンに大きければ、そうだけ刺激に強くなります。
男性器は普段スポンジのようになっており、性的興奮を感じると血液がそこに流れ込みます。
その血流が多ければ多いほど、パンパンになりますので、その分刺激に強くなることが可能です。
血流が弱くなると、十分に亀頭が膨れ上がることができず、その分刺激に弱くなります。
また血流が弱くなると、早漏だけではなく勃起不全の原因にもなります。
男性器に流れる血流は早漏だけではなく勃起不全にも影響を与えることを知っておきましょう。
悩んでいるのであれば、交感神経系とサイズにも気を配ると良いでしょう。

関連記事