生前整理の実家の片付けで苦労するのは父親の物が多い

実家の片付けで難しいのが生前整理の実家の蚊帳付けです。
特に父親がまだいる場合はその父親のプライドを傷つけないよ王にするのが意外と苦労するんです。
父親似たい押して、ただ「片付けて」といってもあm、ありこうかはありません。
なぜなら地位と屋というものはそのものに対しての「思い入れがとても強い尾からです。
また父親というものは母親に比べておプライドが高く威厳を保っていたいといおう願望もあります。
たとえばもう使わないゴルフセット
どこかのゴルフコンペでもらったトロフィーや記念品
そんな大きくて重たくて邪魔で仕方のない物でも父親からすれば捨てられるのはたまったものではありません。

その場合はプライドを傷つけずに、上手に誉めながら促すことも心掛けましょうb。
例えば
片付けた後、父親から「きれになっただろ!”」とと言われたら
「スッゴーイ!助かったわ!ありがとう!」
と少しオーバーアクション気味にでも褒めてあげましょう。
そうすれば今まで嫌々だった父親の片付けモードにもスイッチが入るものです。
ちなみに、この褒め殺し作戦は父親には特に有効ですが、母親にはあまり子押下がないかもしれませんので気を付けてください。

さらに心がけてほしいのが
父親の普段使っている場所から重点的に片づけて行ってほしいことです。
「娘や妻に捨てられた」よりも「自分が捨てた」ということにしたほうが後々トラブルになりません。

また母親と娘で良化や階段など共用部分から片付け始めると父親も競争意識が働き片付けに精をだすこともあります。
片付けのいい連鎖を作るにはこんな演出も必要です。

①生前整理の実家の片付けは父親のプライドを傷つけないようにする。
②地と親が普段使っている場所や周囲から始める。
③子供と母親が片付け始めると、意外と父親も片付けを始めることも多い。

特に生前整理の実家の片付けは子供がちゅしんなってやるものではありません。
あくまで主役は親たちなんです。
ですのでうまく親を片付ける気持ちになってもらうようにできるか?が成否のポイントです。

実家 空き家 どうする

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です