お客に自社の製品の説明しかしない新人営業マン

営業の話はまずお客との距離を縮めることか大切なことは営業マンなら誰でも知っている常識です。
まずお客との信頼関係が出来てからでしかモノは売れないからです。
だからこそベテラン営業マンはお客の年齢・家族構成・趣味などを調べます。
しかし、部下をもたくさん持つ管理即の方はご焼いてばかりなんです。
その管理職の方は営業畑のたたき上げです。
そして営業生成期の上がらない新人社員のお客への訪問に同行して驚いたそうです。

「最近の若い営業マンはいきなり自社の宣伝と商品瘀PRばかりに終始していて困っている」
そんな愚痴を言っていました。

うちの会社の製品は他社にはない唯一独占的な商品
それであればそんな営業でも物は売れるかもしれません。
しかし、そんな商品を持ている会社のほうが小数派です。
ほとんどの会社には競合他社の商品があるはずです。
そこには決定的な差はなくほとんど機能も価格も横並びです。
そんな状況でただお客に自社の宣伝や商品のPRだけで物が売れるわけがありあsめん。

やっぱり
「その商品を買いたい」
ということよりも
「この人から買いたい」
ということのほうが重要なのです。
だからこそい英荻尾マンはお客のことを知り尽くさないといけないのです。

しかし、今の新人社員は
おかy区大して無関心すぎる
とその管理職の方はボヤいていました。

お客は自分に関心を持ってくれる人に必ず好意を持つものです。
それがたとえおべんちゃらでもです。
物を売るにはお客との雑談が8割
商談が2割
その程度でもいいのです。

また自分のことを褒められるよりも家族のことを褒められる方がより嬉しものです。
「奥様 お若く見えますよね」
とか言われたら思わずニヤッとしてしまいます。

ですから営業成績がイマイチ伸びな田んでいる新人営業マンならぜひまずお客さんのことに関心をもっていきましょう。
そのお客のバックボーンをしっかりと下調べしてから商談に臨めばきっと良い結果が出ると思います。

署名ドットコム 評判 感想

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です