四みたいホント読みたくない本!本は何冊も同時並行で読むのがおすすめ

小難しい本なんて誰もいよ見たくはありません。
でも仕事や受験では避けては通れない道です。

特に苦手ジャンルや新しいジャンルの本を読み始めた時にはよく脳は拒絶反応を起こします。

そこで私は同時に何冊もの本を並行して読むことをおすすめしています。
飽きてきた離疲れたりして来たら読む本を入れ替えてリフレッシュする方法です。
同じ本を読み続けていると脳は疲れてきて
「そろそろ楽しい本やもっと簡単な平易な翻意変えてくれ!」
とシグナルを出してきます。
その多くは眠気かもしれません。
そんな時にはさっさと我慢しないで、今読んでいる本にしおりを挟んだり付箋を貼ったりして次回の読書の再スタート時点をわかるようにして他の本に入れ替えましょう。

楽しい本
面白い本
そんな本を読んでいると脳はまた再び活発に動き出しエネルギーも高くなってきます。
そうしたら、再びまた先ほどの翻意戻るのです。
こうすると読書時間を無駄にせずにすみ、確実に読書は進みます。
飽きたり疲れたりしたらところでその本の読書はやめtしまわずに、他の翻意きり帰るのがポイントです。
読書の時間を何時から何時までと時間を決めて読書をすると中断した時に残った時間をダラダラといテレビを観たりしていませんか?
結局それは時間の浪費になります。
特に積ん読(つんどく)が多い方にはこのコロコロスイッチ読書法は有効だと思います。
意外と脳というものは』ほかのことをしていてもバックグランドではいろいろなことを考えているものです。
さっきは気づかなかった、理解できなかった難しい本の内容が、いったんインターバルとおいてから再度読書を再開すると意外とスンナリ頭に入ってくることも珍しカウありません。
それはその本から離れている間にもそのことを脳が考え続けているからです。
ですから、疲れてきたら?秋的屋から?といって読書を止めずに他の本を読書することをおすすめしています。
なぜなら、人間の脳は動き始めるまでが大変なのです。
いったん停止状態うになってからの脳を再び動かすより、他の本の読書に切り替えるほうが得策なのです。
高齢者 パジャマ おしゃれ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です