第118回 天皇賞・秋/東京競馬場で1998年11月1日に開催されました。

1998年に東京競馬場で行われた第118回「天皇賞・秋」。自分は人生初めて馬券を購入したレースです。1998年から現在の2021年までたくさんの名馬が産まれてきました。ディープインパクトやオルフェーヴル、メジロドーベル、ジェンティルドンナ、アパパネ、アーモンドアイ。

今まで様々なドラマや感動を競馬で感じてきましたが、一番の思い出に残っているのはやっぱりこの第118回天皇賞・秋のレースです。初めて馬券を購入したというのもあるのですが、長年競馬をやってきて、これほど思い出に残るレースは自分の中では今までありません。

その当時は競馬の「け」の字もわかっておらず、大阪の梅田にぶらっと遊びに行った時に、なぜか気まぐれにウインズに立ち寄り、なぜか「この天皇賞・秋のレースを買ってみよう」と思いました。

今では競馬を長くやってきたのでわかりますが、その当時このレースに出走している「サイレンススズカ」という競走馬が断然人気(1.2倍)になっていました。しかし、自分はその競走馬は目もくれず、今では考えられない「オフサイドトラップ(6番人気)」の馬券を単勝で購入しました。

なぜ「オフサイドトラップ」を選んだのかはわかりません。たぶん、「名前がサッカーで聞いたことがある言語」だったからという理由だと今では思っています。

人生初めて買った馬券を持って、ウインズのテレビビジョンでレースを観ることにしました。テレビの前にはおっさんらが集まっている中、少し離れたところからテレビを観ていたのですが、レースのファンファーレがなると同時に、テレビの前のおっさんたちは、新聞を丸めて、空いた片方の手を叩いていました。それは凄い音で、その当時空気に圧倒されたのを覚えています。

レースが始まって、大逃げするサイレンススズカが飛び出した瞬間に、またおっさんたちの歓声が上がりました。自分は、「買った馬券は何番だったかな」と見返しながら、テレビから流れる競走馬たちを眺めていました。レース中盤にサイレンススズカがズルズルと後退していきます。その時も、おっさんたちの悲鳴が凄かったことを覚えています。

「ヒャー」とか「ギャー」とか「ボケー、なにしんとんじゃ」とか色々な悲鳴が混ざり合い、その場は異様な空気になりました。しかし、サイレンススズカがズルズル後退していくのを尻目に、自分が購入した馬券「オフサイドトラップの6番」を探していた自分は、3番手にいることに気付き、「このまま前にいる馬を抜いたら勝てる」と思い、力を入れました。

その祈りが通じたのか、オフサイドトラップは直線に入ってから前にいた競走馬を抜き、その当時強かった「ステイゴールド」という競走馬の追撃をなんとか交わして、優勝しました。自分はその光景は今でも忘れていません。当たったことも衝撃でしたが、「世の中にはこんな面白いものがあるのか」とそれから競馬の面白さハマっていきました。

当たった馬券を窓口のおばちゃんに渡して返ってきたお金をみてビックリしました。自分は「オフサイドトラップに1000円」賭けていたのですが、手元には「約4万円」ほどになって返ってきました。「その時にこんなに簡単にお金を稼げるがのか」とも思いました。

人生初めて買った馬券で、まさかの断然1番人気の競走馬が1位になれず、6番人気だった競走馬が1位着て、馬券が当たり、1000円が4万円になったことは今でも忘れられません。競馬を長いことやっていても、これほどのエピソードを超える話はありません。とても良い思い出でした。

南関コンピ 攻略

カテゴリー: 未分類 | コメントする

なりたい自分があるなら実際に紙に書きだそう

自分はこううなりたい
いまかたこんな風に自分は変わりたい
もしもそんな希望があるのならぜひ
なりたい自分を紙に書き出してみませんか?
そこに書き出すだけではなく期限を切って欲しいのです。
1年後の自分はこうなっていたい
できればけっこう値段の張る立派なノートに書いてみて欲しいのものです。
100均のノートではなく千円近い立派なノートを買いましょう。
たった千円で自分が思う理想の自分に変われるのですから安い投資じゃないですか。
そのノートをいつも自分の目に止まる場所に置いておくのです。

そんな自分ノートの1ページの1行目に何を書けばいいのか?
それはとても大事です。
1ページがうまく始まらないとその後がうまくいきません。
では、何を書けばいいと思いますか?
それは
日付と名前です。
まずは自分が変わると決意したことを自分自身に宣言するのです。

そこで、次のページにはまず
目次
を作っていきます。
その目次には
自分が変わるために実行王する
・アイデア・
・習慣
・思いつき
何でもいいのでどんどん書いていくのです。

それをひとつづく実行した結果や経緯を書き貯めていきます。
それを1年後見返してみれば
できたこと
実行したこと
全然実行できなかったこと
失敗したこと
役に立たなかったこと
いろんなことが出てきたと思います。

そうしたら次の1年はシーズン2を始めるのです。
1年目で失敗したこと
1年目で成功したこと
いろいろなことがあったからこそ2年目ではより実践的に計画が立てられます。
2年目の目次には分類という観点も入れてみてください。

考え方
行動
習慣

1年目でうまくいたこといかなかったこといろいろなことがあるともいます。
きっと1年目のノートでは建前ばかりできれいごとが多いのものです。
2年目だからこそ
より実践的なことが思いつくことでしょう。
それを続けて行けばきっとなりたい自分にどんどん近づいていけるはずです。
1年目
2年目
3年目
なりたい自分もどんどん変わっていくものです。
オリーブスマートイヤー 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

街コンでいい人と知り合いました

平日は会社と家の往復。

休日は趣味の魚釣り。

女性と出会うチャンスが全くない日常生活を送っています。

職場は男性ばかりで女性はほぼいません。

結婚願望は強いのでマッチングアプリに登録しました。

空いた時間に相手探しが出来る手軽さに惹かれました。

しかし、なかなかマッチングしません。

なによりプロフじゃ相手がどういう人か判らず選択に悩みます。

写真も今の時代は画像処理できるので信用できません。

3か月ほど試したのですがやはり実際に女性と会う方が自分には向いていると判りました。

そこで街コンに参加してみました。

当日は男性4人に対して女性が6人。

初めての街コン参加だったので比較はできませんが正直、人数が少ないと思いました。

全員と10分ほどの会話を2回繰り返しました。

女性の中に趣味も合うし容姿が綺麗な女性が一人だけいました。

競争率が高いのは周りの男性の態度を見て判っていました。

しかし、パートナー選びは妥協したくないのでカードのその女性の名前だけ記載しました。

結果、見事にマッチング。

カップル成立です。

会場を後にして喫茶店でお話ししました。

お互い、昔から知り合いだったような自然体で会話が弾みました。

あっという間に2時間経過。

ライン交換して毎日会話しました。

1週間後に初デート。

食事に行ってドライブしてきました。

この時も会話が盛り上がりました。

その後も交際は順調で近いうちに同棲する話が出ています。

実際に引っ越しの準備も始めています。

手軽さではマッチングアプリが一番でしょう。

ただ、やはり街コンのように実際に女性と会った方がお互いどんな人か判りやすいと感じました。

そして、結婚したいと考えているなら自分から動いてチャンスを作ることが大切だと思いました。

どんな方法でも構いませんから待っているだけでなく動かないと女性との出会いはありません。

今回は運命の人とようやく出会えたと思っています。

思いきって方法を街コンに変更して本当に良かったと思っています。

サブスク婚活 料金

カテゴリー: 未分類 | コメントする

モテる女性がしている話の聞き方はとてもエレガント

モテる女性がしている人の話の聞き方が素敵です。
おそらくそれがモテる一番の要因かもしれません。

モテる女性は人の話を聞くときに
「相手がどんな発言や提案をしてきても、それを良い・悪いで判断しない」
と言いうことなんです。
でも、これってかなり簡単なことではありません。
人は誰でも相手から話を聞いた時に
「えぇぇぇぇx!」
「うそぉぉぉぉぉ!!」
「まじでぇぇぇぇぇ!」
「ひどぉぉぉぉい!」
みんな自分の感情を前面に出してしまうがちなんです。
でもモテる女性の話の聞き方はまず自分の感情で相手の言うことや提案をしないということなんです。
たとえ相手の意見があなたにとってネガティブな意見であったとして、それはあなたが感じたり考えたりすることであって他の誰かからすればそれが必ずしもネガティブだとは限らないのです。
このことをがあまりみなさん気がついていないのです。

では、なぜそれがモテる女性の話の聞き方なのでしょうか?
それは話を聞いてもらう相手の立場からすれば分かります。
聞き手がその意見を「良い」「悪い」を判断しないことで話している相手は安心して思い切り自分の意見をぶつけられるのです。

あなたも冷静な時にはわかることなのですが、世の中にはいろいろな池にゃ考え方があります。
また話している本人自身も例背になって客観的に考えることが出来れば、自分の意見が間違っていることがわかるのに一時の感情で思わずカッとなってしまっていることが多いのです。

ですから、モテたいのならばまず相手の意見を聞いた時に
「良い」「悪い」の判断は横に置いておき
フラットな感情で相手の話を聞くようにしましょう。

実は相手はあなたの考えや意見は求めていないのです。
とりあえず自分の話を聞いて欲しい
ただそれだけなのです。
試しにあなたの意見や考えを言ってみてください。
きっと相手は今までの主張をコロッと変えて
「でもね・・・」
とか今度はあなたの意見や考えを否定してくるものです。

モテる女性は聞き上手なだけなんです。
ポケットワーク 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

四みたいホント読みたくない本!本は何冊も同時並行で読むのがおすすめ

小難しい本なんて誰もいよ見たくはありません。
でも仕事や受験では避けては通れない道です。

特に苦手ジャンルや新しいジャンルの本を読み始めた時にはよく脳は拒絶反応を起こします。

そこで私は同時に何冊もの本を並行して読むことをおすすめしています。
飽きてきた離疲れたりして来たら読む本を入れ替えてリフレッシュする方法です。
同じ本を読み続けていると脳は疲れてきて
「そろそろ楽しい本やもっと簡単な平易な翻意変えてくれ!」
とシグナルを出してきます。
その多くは眠気かもしれません。
そんな時にはさっさと我慢しないで、今読んでいる本にしおりを挟んだり付箋を貼ったりして次回の読書の再スタート時点をわかるようにして他の本に入れ替えましょう。

楽しい本
面白い本
そんな本を読んでいると脳はまた再び活発に動き出しエネルギーも高くなってきます。
そうしたら、再びまた先ほどの翻意戻るのです。
こうすると読書時間を無駄にせずにすみ、確実に読書は進みます。
飽きたり疲れたりしたらところでその本の読書はやめtしまわずに、他の翻意きり帰るのがポイントです。
読書の時間を何時から何時までと時間を決めて読書をすると中断した時に残った時間をダラダラといテレビを観たりしていませんか?
結局それは時間の浪費になります。
特に積ん読(つんどく)が多い方にはこのコロコロスイッチ読書法は有効だと思います。
意外と脳というものは』ほかのことをしていてもバックグランドではいろいろなことを考えているものです。
さっきは気づかなかった、理解できなかった難しい本の内容が、いったんインターバルとおいてから再度読書を再開すると意外とスンナリ頭に入ってくることも珍しカウありません。
それはその本から離れている間にもそのことを脳が考え続けているからです。
ですから、疲れてきたら?秋的屋から?といって読書を止めずに他の本を読書することをおすすめしています。
なぜなら、人間の脳は動き始めるまでが大変なのです。
いったん停止状態うになってからの脳を再び動かすより、他の本の読書に切り替えるほうが得策なのです。
シンプル瞑想 口コミ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2月14日バレンタインデー特集!チョコレートの甘~い思い出

2月14日は、誰もが知っているバレンタインデー。小学生、いや、今どきの子どもは幼稚園のときから、1年で一番ドキドキする日なのではないでしょうか?

大人の女性でも好きなお菓子は?と聞かれると「チョコレート」だと答える人も多いようです。

かく言う私もチョコレートが大好き!カロリーが高く太るのが玉に瑕なんですよね。山に登る人は、おやつにチョコレートを持っていくと万一の遭難のとき、助けてくれることもあるとか?

甘いものは女性だけではなく、男性にも力を与えてくれます。

チョコレートには1粒10円程度のものから、デパートの地下で販売されている高級なものまでさまざまな種類がありますよね。

子供のころ、100円玉を握りしめて駄菓子屋を訪れた経験のある人も多いでしょう。その当時食べたチョコレートが、今でもドラッグストアや100円均一ショップでそれほど値上がりせずに販売されています。

最近では、カカオ86%や95%など、ポリフェノールがたっぷり入った健康維持が目的のチョコレートも見かけますよね。今調べたら99%のものまでありました。

この辺にくると、いくらチョコレートが好きな子どもで苦くて食べられないのではないでしょうか?

子どもはマーブルチョコレートやM&Mなど、チョコだろうとキャンディーだろうと色の付いたものが好きだったりしますね。

それから、この季節「きのこの山」と「たけのこの里」、どちらが好きかという話題も定番です。

これに関しては、2019年8月5日(月)から約4カ月間、投票数10,587,785票という大規模な調査が行われたそうです。その名も「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2019」。

結果は、「新きのこ党」6,021,986票で、「新たけのこ党」は4,565,799票。約1,456,187票の差で「新きのこ党」が勝利しました。

圧勝というわけではないですが、きのこの山が好きな日本国民が多かったようです。実は私もその一人。

今日一日くらいはカロリーのことなど忘れて思う存分大好きなチョコレートを食べてみたいですね。

オススメサイト↓
ささみりん サロン

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント